<IT情報・画像編集編> IT情報TOPヘ

文書中の写真をキレイに印刷

(2020年05月20日)

 Wordなどの文書中に写真があるとき、文書と一緒に印刷することは多いでしょう。その写真はそこそこ見えればいいという場合もあります。ただ、Word文書が例えば大切な自分史であり、その写真は写真屋の印刷に近いキレイさにしたい、こんな場合には写真処理に特段の意識を払わなければ後世に残せるような自分史にはなりません。また、写真と文章が混在する年賀状をキレイにつくるときも考え方は同じです。
 Word文書や年賀状の文字の印刷はフォントで管理しますから、何もしなくても元々キレイです。意識して写真をキレイに印刷したいなら、画像の扱いの基礎をしっかり理解しておくことが必須です。ここでは画像の扱いの基本を丁寧に説明することにします。

<デジカメで撮った写真をディスプレイで見る
 標準的なPCのディスプレイは任意の色を表示できるドットでできていますが、その数はおよそ100万ドット(横1336×縦768 が多い)ほどしかありません。一方、普通のデジカメやスマホで撮った写真(以降 画像と呼びます)の画素数は、約2000万画素ほどあります。ディスプレイに画像を表示するとき、ディスプレイのドットと画像の画素は1:1に対応して表示しますが、このドット数と画素数の大きな違いがディスプレイへの画像の表示を難しくしています。
 さて、画像単体をPCで見るときは、フリーソフトの「JTrim」などの画像処理ソフトを使います。こんな画像処理ソフトを使って、2000万画素の画像を100万ドットのディスプレイに表示してみましょう。2000万の画素がディスプレイ全体にギュッと縮まって、画素数が多いほどキレイに表示される? そんなうまいことにはなりません。
 ディスプレイは100万ドット程度しかなく、ディスプレイに表示される画像のキレイさ(きめ細かさ)は、パソコンを購入した時点で決まってしまっています。そして、2000万画素の1/20、すなわち画像の一部100万画素しか表示できず、残りの1900万画素はディスプレイから溢れてしいます。ディスプレイには顔の一部分とか、足だけとか、着物だけしか表示されないことになります。

 ただ、JTrim などの画像処理ソフトはよくできていて、100万を超える画素数の画像も縮小して全体像を表示できるようになっています。
 右図は750×1000(75万)画素を持つ「kiichan」の画像です。この画像の縦の画素数1000はディスプレイの縦のドット数768より大きいため、このままでは全体像を表示することができません。
 そこで画像を横縦ともにそれぞれ25%(1/4)まで縮小、すなわち 75万÷16=4.7≒5万画素 にして表示してみました。

 さて、75万-5万=70万画素は何処に行ったのでしょうか。75万の画素から満遍なく70万の画素を取り除き、とりあえず別途保管しておきます。必要ならまだ元画像に戻せます。こんな画像処理を「ズーム」と呼び、任意の大きさで表示できます。
 縮小した5万画素の画像を残す場合は、不要な70万画素を捨てる「リサイズ」という処理をします。例えば、75万画素の画像「kiichan」を 5万画素にリサイズして保存するときは、「名前を付けて保存」から「kiichan2」などと別名で保存しましょう。「上書き保存」すると元画像がなくなってしまいます。
 こんなリサイズをすると画素のあるドット間が粗くなるので、画像処理ソフトはこれを滑らかなにする画素の補間処理再サンプリングといいます)を自動的にするようになっています。

<大きめの画像を貼り付けてマウスで縮小する>
 ここから本論です。Word文書の中にWord 画面より大きい画像を貼り付けると、丁度Word 画面と同じ大きさに縮小されて表示されます。下図は前項と同じ「kiichan」の画像をWordに貼り付けた後に、マウスでドラッグしてもう少し縮小しています。この画像を選択するとレイアウトオプションで「文字列の折り返し」ボタンが表示されるので「四角形」ボタンにマウスを持って行きます。

 ここで「四角形」ボタンをクリックすると、画像はマウスでドラッグして任意の大きさに縮小したり、任意の場所に移動ができるようになります。画像を選択して縮小するときは、左手で「Shift」キーを押しながら、右手で4隅のハンドルを斜めにドラッグしてください。この操作は画像の縦横比を保ったまま大きさを調整します。画像がノッポになったり、ブーチャンになったりしません。
 下図は前項の画像とほぼ同じ寸法に、マウスでドラッグして縮小(ここが大事なところです)しました。画像はマウスでドラッグして縮小すれば画素数は変化しません。その画像を例えば下図のように文字列の右端までドラッグして持っていくと、左方の空いたスペースには文字列が流れ込むようになっています。以上で写真付きのWord 文書をキレイに印刷するための画像の操作は終わりです。下図をこのまま印刷すれば、文字も画像もキレイに印刷されます。
 下図をWordのままプリンタで印刷すると、画像は写真屋で印刷したのと同じくらいのきれいさ(きめ細かさ)で印刷できます。繰り返しますが、Wordで画像をドラッグして小さくすれば、ディスプレイで見えている粗さのほぼ10倍のきめ細かさで印刷できるのです。

<プリンタはディスプレイの10倍の面積密度で印刷できる>
 ディスプレイに表示された画像をキレイに印刷する、こんな場合の画像操作の基本は大きめの画像を貼り付けてマウスで縮小するということです。画像はそこそこ見えればいいという場合は別ですが、絶対やってはいけないことは画像処理ソフトなどを使って、上図に表示されている画像と同じ寸法にリサイズしたものを貼り付けることです。これをすると画素数は5万画素ほどに落ちてしまい、印刷すると画像がボケてしまいます。マウスでドラッグして縮小した画像と、見かけ上は全く変わらないのは悩ましいところです。
 画像をドラッグして縮小する、何故そんなややこしいことをするのか、それはプリンタはディスプレイの10倍ほどの面積密度で画素を印刷できるので、このプリンタの能力を積極的に使おうということです。プリンタは横縦それぞれディスプレイの3倍の密度、面積でいえばほぼ10倍の密度で印刷できるのです。そのためディスプレイ上では画像をマウスでドラッグして見かけ上は小さくなっても、画素数は元画像と変わらないようにします。
 これまでの操作ではこの10倍以上のかなり大きな画素数の画像が、そのまま印刷の際にプリンタに渡されます。上図のディスプレイ画面で説明すると、プリンタはディスプレイ上の今ある場所に、小さくなったその大きさで、元画像が持つ大きな画素数でプリントするのです。ここまで述べた操作手順には、Word文書中の画像をキレイに印刷するこんなからくりがあるのです。

 以上で「Word文書中の写真をキレイに印刷」する 操作手順の基本の話は終わりです。ただ、Wordに貼り付ける元画像の画素数についてチョッと触れることにします。Wordに貼り付ける画像の画素数は、大雑把にいうとディスプレイのドット数と同じ100万画素ぐらいか、その倍の200万画素ぐらいにリサイズしておいても構いません。
 デジカメやスマホで撮る画像の画素数は任意に設定できるようになっていますが、この設定をせずにデフォルトのまま使うと 2000万画素ほどになっているはずです。撮った画像をそのまま貼り付けても問題はありませんが、画像の印刷品質の向上にはなりません。



ページ
トップ